« キャサリンの謎 | トップページ | 大福屋のさつま揚げ うまいもん(05) »

2004/12/24

うんだもしたん

鹿児島では、「どうしよう・・・」とか
困惑したときに使う言葉らしい。
(じいちゃん、ばあちゃんの世代)

私たち若者(?)の日常では使う人は
まずいない。(だろう)

3,4日前の新聞に
「(う)んだ」は、「私」という意味で
「したん」は、「しらない」
のことから本当ならば

「私はしらない」

の意味らしいと書かれてました。

なぜ、今のような意味になったのかは
よくわかりません。

言葉は時代や使われ方で変わっていくだろうから
まあ、ありがちな変わり方かもしれないんでしょうけど。

それにしても、ばあちゃんが
「昔からの鹿児島弁を使うことがなくなってしまった」
と嘆いていてました。

確かに街中を歩いていても
イントネーションは鹿児島弁だけど
使われている言葉はたいてい標準語っぽい。

方言も文化ではあるけれど、伝えていかなければ
いつかは消える。

そういうことにならないように
私達が引き継がなくちゃいけないんですよね。


・・・たまにはいい事いうな~俺。


つーか。今日はクリスマスだった。
何の予定もなく、学校で授業受ける予定の自分こそ

「うんだもしたん」

かもしれない。


来年もこの状態だったら、ちょっとやばいかな・・・

sanntakurosu

で、クリスマスだし、サンタさんがほんとにいるなら自分は何を
プレゼントとして欲しいのか、ちょっと考えてみたら

10分後出た答えは

「やっぱ愛だよ。 愛 !」・・・

スイマセン・・・ やっぱり私頭悪いみたいです。


|

« キャサリンの謎 | トップページ | 大福屋のさつま揚げ うまいもん(05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55162/2328831

この記事へのトラックバック一覧です: うんだもしたん:

« キャサリンの謎 | トップページ | 大福屋のさつま揚げ うまいもん(05) »