« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/26

iPodの記録06

3760曲を超えてしまった。
残り約3.4G。
一度、大掃除をしなくちゃ。

さて、試験も近いというのに
今、私の頭の中は

嘉門達夫 氏の曲

少年はいつの日もバカ!

がエンドレスで鳴り響いている。
曲の歌詞内容は、あえて端折るけど
聴く機会があれば聞いてみてください。
曲内容にひとつでも身に覚えのある方は
健全な少年時代を過ごしていると
いえるのではないでしょうか。


えっ?だから何だって?

別に深い意味はないですよ。
ほんとだってば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お帰り!

mebane

2年以上行方知れずになっていた
サングラスパーツが出てきました。

仕掛けとしては、このメガネの上の部分に磁石がついていて
重ねるとぴったりになるのです。
これが気に入っていて、私は何かと重宝してました。

ところが、いつの間にかサングラスのパーツ部分が
どこか旅に行ってしまったわけです。

無くなってから、すごくがっかりしてました。
それだけに、喜びもひとしおです。


さて、サングラスをかけるということは
目の保護、テレ隠し用、演出用といろいろありますが
最初にこれ買ったときに職場の人達から

あっ!ウルトラマンだー!

とか


それかけたら立派な不審者ですね。


とか ・・・おいおい。(-_-メ)

私の上司にいたっては

よっ!ウルトラセブン!

と、さんざんからかわれたものです。


メガネかけは、それによってイメージも変わるらしく
それよりずっと前は


香港映画に出てくる詐欺師みたいですね。


と言われたこともありました。 (あのな~・・・)

とまあ、そんなことがあったにもかかわらず
私は相変わらずメガネかけです。
私と同じようなこと言われた方いましたら
それは私の仲間です。同志です。

賛同してくださる方。


日本メガネザル同盟


を作りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/25

北海道ツーリング2005 後記02

人によっては関係ないかもしれませんが
事故防止という点で思った事を書いておきます。

街中は要注意です。特に交差点。
右折する車とバイク衝突とは、よく聞く事故ですが
私も今回1度ひやりとしたことがありました。
黄色で“だろう”運転はしないことです。
速度を落すなり、停まったほうが安全です。
以前トラックの免許を取ったときです。
路上教習をしているときに、交差点で
スクーターの無謀な直進を何度か見てます。
まあ、その逆もありますけど。
対応としては、相手の車の動きを
みて迷った動きをしている車は要注意です。
運転手が落ち着きなさげとか
前しか見てないお年寄り、おばさんドライバーです。
いきなり右折を仕掛けてきます。

また、道外のよそ者の私たちは
極力すり抜けをしない方もいいかもしれません。
荷物を積んでいるし、普通の車両感覚でいくと
車に接触することもあります。
路肩は、結構荒れているところが
多かった気がします。
足つきの悪いバイクに乗ってると
うっかり立ちゴケの可能性も多いです。

札幌の通りは、郊外に出るほど車の流れも速いです。
事、車の流れるスピードに関しては
日本で2番目に早い街だと思いました。
そのせいかあちこちでスピード違反の車が
止められているのを見ました。
ちなみに1番は名古屋だったような気がします。
名古屋でタクシーに乗ったとき
車線数も多いせいか、運転手さん90くらい出してました。
気になった私は、皆さんいつもこれくらい出すんですか?
と聞くと、これが普通だと言ってました。
これほどまではないにしろ、スピード感覚に慣れるまで
少し時間がかかりました。

3ケタ国道や地方幹線道路は、トラックが通ることも
多いせいか道に轍ができているところも多いでした。
追い抜きをかけるとき気がついたのですが
道の中心が盛り上がっていて、場所によっては
ハンドルを取られたこともありました。
今回は雨の日に2日走ったこともあり
こういう道を走る怖さも感じました。
昼間のまだ明るいときですらそうでしたから
暗くなってからは、できるだけ走らない方がいいです。

あと調子よく走っていてガス欠とか
疲れて判断力が鈍りがちなので
適度な休憩を取ることも忘れてはいけません。

とまあ、脅すことばかり書きましたが
やっぱり北海道は最高でした。

迷っている方は、迷うくらいなら
行ったほうがいいです。
気をつければ事故は防げます。

これから行く方はどうぞ安全運転で
楽しい旅にしてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/08/24

旅の背景にあったもの

北海道にMDを持っていった。
最初はiPodもっていくことも考えたが
電池が持たないので止めた。
道は直線が多く、スピードも出るので
ドライブの時聴くものと比べ
さらに疾走感の多いナンバーになるんだけど。

稚内目指してオロロンライン走っていたときは
天気も何とか持ちこたえていた。
そんなときに流れたのが

Bruce Springsteen

Born To Run

おお~。北海道にぴったりじゃないか。

ところが、網走に向けて走ったときは
あいにくの雨。
こんなときはやはり気分も
少しやけになるらしく

The Beatles

Ob-La-Di Ob-La-Da


Bryan Adams

SUMMER OF 69

なんかも大雨の中では

あ~。やってられねぇ!

というやけくそ演奏みたいに聞こえた。

でも、片や一方で

だけど行くしかないだろ。

がんばれや。

というようにも聞こえた。

要は、聞いてる人の心ひとつで
どうでもなるんですよね。
今回よくわかりました。

へこたれそうになったときの
音楽の力は偉大でした。

というわけで
普段音楽聴かない人も
いつもの環境とがらりと違うところで
聴く音楽は、効きます。

おためしあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道ツーリング2005 後記

h_r106

私みたいに本土の南の果てに住んでいる方や
日数的な問題、自走していく時間や体力のない方に
(私もその一人でつ)
レンタルバイクによるツーリングの感想を
記しておきます。参考にどうぞ。
鹿児島という事を一応考慮してね。


金額面

最初に考えたのは、ANAスカイツーリングでした。
ただこの場合、福岡まで自走しないといけないこと。
日程を終わって鹿児島に帰るときにまた自走・・・
行く前に体力を消耗。
帰るときにダメ押し・・・

福岡からだと1人シングル1泊付きだと
夏休み期間に限れば¥136,000からとなり
それに自走のための燃料、高速代を入れると
往復でプラス¥15000で
最低¥15万コースになります。

もちろんこれには、北海道でのガソリンや
宿泊、食事、高速代は含まれません。
テント泊ならだいぶ節約できるかもしれませんが
それでも最低¥20万位は見てないと危ないでしょう。

私は今回 5泊6日で内バイクを3泊4日借りました。
それに移動交通費、宿泊代、食事、ガソリン、高速代、おみやげ等
トータルで約15万くらいかかりました。

h_chitose

飛行機代は、旅行会社のやっている
北海道フリーツアー(ホテル1泊つき)で¥7万
バイクはカワサキのレンタバイクで¥3万
(750CC以下、KAZE入会金、保険金含む)
道内の宿泊、食事代金で¥3万
ガソリン、高速代で¥1万
おみやげ、移動交通費で¥1万少々

仮にテント泊してたら¥2万くらいは
さらに安くなっていたかもしれません。
でも天気予報の情報をみてパス。
装備一式に加え、テントなどを持っていった日には・・・
余計な体力消耗ですな。

結果的にはすごく安上がりになったと思います。
特に宿泊は、安宿情報等で
1泊2食付¥5000くらいの宿に
4泊したのが大きいでした。
初日を除く3泊は、個室でした。
人見知りする方、プライベート空間を
確保したい方は、ちょっと割高ですが
個室にしてもらった方がいいでしょう。
その方が無駄に気が疲れることがありません。

レンタルバイクですが、まず連絡して
希望のバイクを予約し、
支払いを行います。
支払い方法はいくつかありますが
私はコンビニでの支払いをしました。
その支払い明細書と、後日送られてくる
同意書を記入して店に持って行きました。
あと免許証。
ヘルメット、グラブ、ロック、ロープは
持参です。(レンタルしているところもあります。)


車両について

h_teshio

今回私が借りたW-650はキャリアが付いていました。
これ、いいポイントでした。
また北海道は車の流れが速い。
一般道で80kmはざらです。
(ほんとは、そんなにスピード出してはいけません。)
でも、私は70くらいで走っていてもあおられました。
バイクのパワーは、ないよりもあったほうがいいかもしれません。
高速なんてほとんどの人が最低100kmで走ります。
荷物を積んで、高速乗るなら250ccより400cc以上のほうが
ストレスたまりません。
燃費もポイントです。
パワーあっても燃費悪いのは、財布が寒くなります。
最低リッターあたり20以上走るバイクがいいです。
(この点Wは文句なしでした。)


装備について

ツーリングのところにも書きましたが
ウェアは大事です。
ジャケットも大事かもしれませんが
快適に走るには特に下着と靴下がキモです。
洗濯してもすぐ乾くし、汗かいてもべとべとしない。
私は、クールマックスのロングとショートの
Tシャツを2枚重ね着して対応しました。
下もクールマックスの下着です。
下は、フィット感がすごいのでワンサイズ
大きめの物がいいでしょう。
それでも食い込んでしまうあなたは
単に日ごろの節制が足りません。
やせましょう。
(私も人のことは言えませんけど。) (^_^;) 

ユニクロやアウトドア用品のバーゲン時に
まとめ買いをおすすめします。
くれぐれも言います。
下着は重要です。お忘れないように。
靴下も同じです。

防寒、防風については
セーター1枚と雨具で解決です。
下にはスキー用のタイツがあれば完璧です。
北海道は寒いのでセーターが
あるないでは体力に与える影響が違います。
あとスカーフかマフラーを1枚加えると完璧です。

安全上では必ず最低ジーンズをはきましょう。
半ズボンはもっての外です。
プロテクター入りの方が安全ですが
装備に懲りだしたら諭吉さんが何人いても足りません。
それよりは、安全運転を心がけた方がいいです。

洗濯物を乾かすにあたって思ったのが
洗濯ばさみを持っていけばよかったかなと思いました。

携帯やカメラの防水対策としては100金で売っている
ジップロックがいいです。
機密性抜群。持っててよかった。

サンダルも1足は必要です。
ビーサンでいいと思います。

記録をとる上で、筆記用具も必要です。
あと写真に関する限り、カメラの充電器を持っていったほうが
いいかもしれません。最近の機種は、専用電池で
単3乾電池を使える機種が少なくなっています。
ちょっと残念ですけど。
単3乾電池は大きな町の電気屋さんで
まとめ買いした方がいいです。
飛行機に大量に持ち込むと
没収される可能性もあるためです。
(過去に没収されたことあり)
念のために、「写るんです」みたいなものか
35ミリのフィルムカメラを用意した方が
安心です。


ルート設定
車の流れが速いこともあり、無理しなくても
1日200kmを切ることはないでしょう。
高速を使えば1日500km走ることもできるかもしれませんが
無理は禁物です。
まあ、ルートを細かく決めるよりも
目標地点だけ決めて後は自由に行ったほうが
おもしろいかもしれません。


h_sky

いろいろゴタクを並べましたが
最も大事なことは事故らないことです。
ちゃんと無事に帰って来ることです。
バイクで走るのは気持ちいいですが
1歩間違えるとケガするか、運が悪ければ死にます。
自己責任もありますが、事故をもらう可能性も
ありますから。
家で帰りを待っている方がいる人は
くれぐれも忘れないようにしましょう。
待っている人が悲しみます。


また、思い出したことがあれば書きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道ツーリング2005

さてさて、行って来ました。北海道。
いつもなら絶対ありえないことですが
1日ごとに携帯で打ち込みをしてパソに送信してました。

8月18日
h_ana833

鹿児島を11:20発の飛行機に乗る。
5年ぶりの北海道。九州と違って空気がサラサラ。
風景のスケールが違う。千歳からJRで移動。
天気があまり良くない。明日からの旅行が気掛かり。
飛行機で隣り合わせたおじさんの行儀が良くなかった。
股関節外れているんじゃないかと思うくらいに、股広げて寝てた。
しかも、いびきうるさいし。
たまたま持ってた耳栓が役に立つ。
そして電車の中、隣りのお姉さんの香水の強烈さ。
鼻が取れそうだった。
さすがに鼻せんは持ってなかった。
気持ち悪いので、金魚のように口をパクパクしてた。
なんか、マヌケ…
ひょっとして波乱の満ちた旅になるかもしれない。まあ、いいか。
車窓から見える家の形はカクカク。
こんな風景を見るだけでも北海道らしさを感じる。
九州ではまず、あり得無いなぁ。

h_sapporo_station01

札幌に到着。
今日の宿。料金は\3500。安い!ご主人が物静か。
部屋は、ちょうどいい広さ。トイレ、風呂共同のところは、久しぶり。
クーラーはなかったが全然問題なし。
昼飯抜きだったので、早めの夕飯。
久しぶりに味噌ラーメンを食べた。おいしい!
誰が言ったか忘れたけど、空腹は最高のソースだ。
というのが、妙に良く分かる。
いや、べつにここのラーメンがまずかったのではないです。
ご飯の後で札幌駅を徘徊する。
駅ビルが完成してから、はじめて歩き回ったことになるけど
昔の面影は全く無くなっていた。なんだか妙にすっきりしている。
すすき野にも行ってみようと思ったけど
明日からのスケジュールを考えると
かなりのハードな気もするので、最後にしよう。
それにしても天気が気になる。コンビニに寄り、宿に帰る。

h_cg

久しぶりにコアップガラナを飲んだ。
うっ。そういえばガラナは興奮剤でしょ。

あそこに無意味な刺激

が来るんじゃないか?
と心配したが何ともならない。
でもこういったものがあるのも北海道らしい。
今日はこのあたりで寝よう。

8月19日
札幌の天気は曇り。気温は、ちょうどいい。
ただし、湿度が高い気がする。午後はどうやら雨らしい。
あまり降ってもらいたくないけど、こればかりは、どうしようもない。
けれど、そんなに急ぐ旅でもないから、まぁいいか。
外でセミが鳴いている。

h_w650

陸王に行ってWと対面。エストレアを2気筒にした感じ。
フィーリング的には、とてもマイルド。大人のバイクだ。
札幌市内で1時間くらい迷子になったが、どうにか高速に乗れた。
走行中、トンボとぶつかる。トンボは、こっぱみじんになってしまった。

h_hokuryuuko

高速を降りて北竜町では、向日葵がきれいだった。
留萌に着いてガソリン補給。小休止。
ここでアクシデント。
チョコ食べたら、仮歯が取れた。
しかもそれをかみくだいてしまう。

欝だ…

h_yado

道道106号をのぼり、稚内近くの民宿に泊まる。
本当なら、初日は旭川泊のつもりが
稚内近くに泊まることになってしまうなんて思わなかった。
だけど、いつものことだから気にしても仕方ないか。
宿では、いろいろな場所から人が来ていた。
オーナーも楽しい方だ。
人の話を聞いて久しぶりに楽しい。

h_gyuunyuunabe

晩ごはんは、牛乳鍋。おいしかった。
鶏肉、野菜がいっぱい入っていて、まずは先にそれらを片付け
仕上げは雑炊にして鍋は空になった。
この味にたどり着くまで試行錯誤の連続だったらしい。
最初のころのお客さんは、料理についてどんな感想を持ったのだろう。
まあ、聞くのも恐ろしいが、聞けるものなら聞いてみたい。
食後、猛烈に眠くなった。
今日の走行距離は320Km。

8月20日
6:30起床。天気は曇り。稚内は寒い。今朝、17℃。
天気を気にしつつ走り出す。
寒くて風が強いからなのかサロベツ原野は木が少ない。
草の生えているところは多いのでやはりここらは
畜産が盛んみたいだ。

h_doubututyuui

看板見てもこんなものは鹿児島ではお目にかかれない。

h_r10602

礼文、利尻島は、曇っていて、かすかにしか見えなかった。
納沙布岬、稚内、宗谷岬と走る。
途中でトライアスロンの人達とすれ違う。
こんな悪天候に何も走らなくてもいいのに
たいしたものだ。とても、真似できない。

h_souya

宗谷岬に到着。カラフトがかすかに見えた。
写真を他の人と交代で撮り合う。
とりあえず第一の目標はクリアできた。
宗谷岬のガソリンは、日本一高いと聞いていたが
それほどでもない。
むしろ鹿児島とそんなに変わらない。
給油証明と記念品をくれることを考えるとお得だ。
佐田岬もこういうことのまねをしたらどうだろう。
日本本土最南端給油記念なんていいと思うんだけどなぁ。
オホーツク海になると、海の色も変わり、寒くなる。
浜頓別をでたら、雨に降られる。
ここらで足が完全に浸水してしまった。
豊浜トンネルを出ると、風も強烈になった。
でも、そんな中、80㎞以上で走った。
今思えば気違い沙汰だったかもしれない。

h_saroma

湧別を過ぎ、左手にサロマ湖を見ながら走る。
湖、大きすぎ、対岸が見えない。
17:00にやっと網走に到着。1日で400km走ってしまった。
ただし、全身濡れねずみ。
宿のおじさんが気を使ってくれて申し訳なかった。
振り返ると昨日もそうだが、多くのライダー達(自転車も含む)と
いったい何回ピースサインを交したかわからない。
交換の度ごとにうれしかった。
明日の予定は、旭川までの予定。
監獄と旭川の動物園は、絶対はずさないぞ。
あと、ホクレンの籏集めか・・・

8月21日
今朝の網走は17℃。少し肌寒い。雨は相変わらず降っている。
天気予報でも、今日はあまり良くないようだ。
まぁ、仕方ない。なんとかなるだろう。

h_abashiri

今日の手始めに網走監獄博物館を見学。
囚人の人形が妙にリアルで、現代っぽい。
よく考えると理由は、囚人が茶髪だったことだと気がつく。
なんだか、おかしい。

h_tshatu

お土産にTシャツを2枚買う。デザインが面白い。
1枚のバックプリントは神威(かむい)。
アイヌ語で神様のことらしい。
別の物は模範囚。
B’zの稲葉が、網走のコンサートで着てたそうだ。
ちなみに松本の着てたのは脱獄囚。
網走らしさ満点。
そのほかPUMAをパクった、KUMAというのも
あるらしいが売り切れだった。
これは、ネットオークションで
¥5000くらいになっているらしい。
商売気たっぷりのおばさんが、ぺらぺらしゃべっていた。
見学後、雨の中、また走り出す。
北見を過ぎ、安全ルートでR242に行く予定が
間違えてそのまま真っ直ぐR39を直進してしまう。
石北峠付近は濃いガス。道には深い轍が刻まれている。
そに水が溜まっていて危険なので、慎重に走る。
何度かハンドルを取られかかり、本当に怖かった。
途中何台も地元民の車に抜かれた。

やつらの飛ばし方、クレージーだ。

雨の峠道100近くで走るなんて、絶対いかれてる。
石北峠にやっと着いて小休止。
上川町に入り、一時的に雨が止んだものの
旭川に近くなるとまた、強く降ってきた。
連日の雨でカッパも役立たずになってしまった。
やっと旭川に到着。最初に旭山動物園へ。

h_azarashi

h_shirokuma

アザラシ、シロクマ、ペンギンのコーナーは面白い。
水族館の大型水槽みたいな見せ方をしてある。
宿に到着後、濡れた物を干す作業に追われた。
特に靴が酷い。ゴアテックスも役立たず。
ツーリングでこんなにビショ濡れは、初めてだ。
雨天走行を今まで避けてきたツケがまとめて来てしまった。
でも今回はその分、いい経験をしているのかもしれない。
Wの安定した走りにも、助かっている。
洗濯が一段落後、風呂に入り、その後晩御飯。ビールがうまかった!
部屋に戻り、ベッドに横になったら、いつのまにか落ちる。
明日は最終日。大雨注意報が出ているが
安全運転で無事に札幌までたどり着けるように、心がけたい。

8月22日
今朝の旭川は、蒸し暑い。天気予報は相変わらずだけど
窓から外を見たら青空が見えた。嬉しい!
美瑛方面は曇り。
しかし雨は降らなかった。
おかげで、あちこちでゆっくりシャッターをきる。
ケン&メリーの木。マイルドセブンの丘。7スターの木。お花畑。
まさしく北海道のイメージそのもの。

h_km


h_m7


h_7star


h_hanabatake

もっとも夢中になりすぎてキーを落として、他のバイカーの人に
拾ってもらった時には恥ずかしかった。
富良野は今回パス。
h_blue_sky

滝川へ。天気が回復して、青空が広がる。
やっと北海道らしくなった。
最終日だけど天気がいいのはやっぱり嬉しい。
高速で札幌へ移動。
Wはいい。100Kmペースで余裕のクルージング。
札幌到着後、返却のため、陸王へ。
1200Km以上走り、燃費は27Km/L。文句なし。
雨の日も安定して走ってくれた。
ハーレーと比べて、次の愛車を決めることになるだろうが
よほどの事がない限り、Wになるだろうなぁ。
札幌の宿にたどり着いた後、久しぶりに呑みに行った。
魚が美味い。知り合った娘と話が盛り上がる。
そのせいか、寝たのは2:00になってしまった。

8月23日
8時起床。札幌はいい天気だ。今日は帰る日。

h_susukino

荷物をまとめて10:00にチェックアウト。
朝食を取り、すすき野から千歳までバスで移動。
北海道民に共通だけど、運転手さん飛ばす、飛ばす。
席が前の方だったので速度計を見ると120以上は出てる。
おいおい、安全運転でお願いしますよ。
空港で時間がありすぎたので、お土産あさり。
ハスカップのソーダとガラナのソーダ、六花亭のチョコを買いまくる。
あと熊出没注意のステッカーを買いそうになったけど
15分以上も迷ってやっぱりやめた。
やっぱり俺は無駄使いの帝王だと再確認。
親の悪口ばかりはいえない。これはやはり血筋なのだろう。

h_subaru

空港内で十勝で行われるラリーの宣伝をしていた。
日本でラリーできそうなところは
北海道しかないからまあ納得。
スバルと三菱の車が飾ってあった。
帰りの飛行機は鹿児島まで約3時間。
機内でうっかり携帯のカメラを使って写真を撮ったら
スチュワーデスのお姉さんに注意された。ごめんなさい。
飛行機は向かい風の影響でいつもより遅れたらしい。
鹿児島は雨。台風が近づいているとは知らなかった。
とりあえず無事帰ることができた。
仏前に報告。じいちゃんが守ってくれたのかもしれない。
今度行くときは東の果てかな。
明日からは、勉強しないと。夏休みもうないじゃないか。

あ…テストどないしょ。


走行距離
1日目 326Km 2日目 407Km 3日目 242km 4日目 260km
トータル1235km

使用燃料と単価
留萌南 7.78ℓ \127.8 天塩 4.67ℓ \136 宗谷 4.77ℓ \135 浜頓別 2.28ℓ \131
網走 8.01ℓ \130 北見1.75ℓ \125 旭川 4.8ℓ \121 砂川 7.54ℓ \125
札幌 3.87ℓ \118
使用ガソリン 45.47ℓ  平均燃費 27.2Km/ℓ
北端の宗谷より少し手前の手塩のほうが高かった。

反省点・よかったこと
下着を即乾繊維の物にして、大成功。汗かきには効果的。
首巻きとセーターのおかげで、身体が冷えなくてよかった。
バックパックは、防水の物にすればよかった。
荷物固定するのに4本のベルトを使ったやり方は、簡単に脱着出来た。
靴下は、科学繊維の物にすればよかった。
安い宿情報を持って行って正解。
荷物を思いっきり減らして、大成功。
家庭用ゴム手袋は、蒸れて使い物にならない。
鹿児島から行くことを考えたらレンタルでよかった。
(自走してたら、たどり着く前にくたばっていたかも。)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/15

多宝仏塔 訪問記

gate

指宿スカイラインを走り、池田湖を抜けて
しばらく走ったところに存在する不思議ポイント

多宝仏塔

某宗教団体の施設(お寺?)なのだが
鹿児島の田舎によくもまあこんなものを
作ったものだ・・・

以前、遠足で立ち寄って以来だから
もう30年近く前になる。
その当時、私は素直な小学生(3年生)だった。
それにしても、ムー大陸と仏教と何の関係があるのか
おおいに子供心に疑問を持ったものだ。
というか
ここは本当なら遠足で立寄るような場所では
ないと思うのだけど・・・
先生達は何を考えていたのだろうか?

今思えば、先生達が行ってみたかったから
遠足のコースに組み込まれたのだろう。
どうやら私たちは、先生達のダシに使われたようだ。

さて、朱塗りの門をくぐり中に入ると

road

土偶を思わせる不思議な模様のある道を歩く。
途中、境内はきれいに手入れがされていた。

tower


怪しい音楽が流れる中
しばらく歩くと目の前に立ちはだかる塔。
途中で信者の方とすれ違うが
皆、気味悪いくらいにこやかで愛想がよい。
塔の隣の研修施設では
親子で何かやっている。
修行?

瞬間的にオウム心理教が「修行するぞ!!!!」
と言いつつ、トランス状態になっている
映像が頭をかすめる。

やだ。やだ。


塔を上ると
nehannzou

涅槃像のある方角が示されている。
大隅にこの教団の施設 「涅槃城」のある方角らしい。

ikedako

彼方に池田湖・・・

kaimonn

近くに開聞岳・・・

風景は抜群。文句なし。

ムー大陸博物館は、けっきょく行かなかった。
この後、逃げるように外に出る。
長居は無用。


primeten

教団のドリンク プライムテン
梅酒と、どくだみの葉をせんじたものを
ミックスしたような何とも不思議な味。
¥110なり。

入り口の看板に
アダムとイヴ、ニニギノミコトとコノハナサクヤ姫・・・
という言葉が書かれていた。
これって
旧約聖書に日本書紀と古事記の世界でしょ。
そしてムー大陸・・・


もう、好きにして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/13

田舎料理オンパレード

inakaryouri


遠くから親戚のやってくる我が家では
きょうは、田舎料理オンパレードでした。
むかし、むかし、お盆=肉食禁止だったのも
いまではなつかしい話。

とんこつ、カツオのたたき、タイの刺身、キビナゴの刺身・・・

県外に住んでいたときには
なんとも思わなかったけど、やっぱりおいしい。
鹿児島で育ってよかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/10

ほっほ~

眞鍋かをり嬢のブログ見てたら
恋愛頭脳なる占いがあったので
やってみた。

結果は・・・

なかったことにしてください・・・

キョーミのある方は
Le’ts challenge !

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明ヶ窪のうまい水

mizuba01

名前は以前から聞いていたけど
今日はじめてわかりました。
たまたまバイクでウロウロしてて
前の車についていったら
着いてしまいました。

mizuba03

いざ、行ってみれば家から車で10分位の所。
看板には昔から地元の人達の間で
大切に管理されてきたことが書かれてます。
なるほどね。

市内から車でポリタンクやペットボトルを
持ってきた人が水をくんでいました。

さて、かんじんの水ですが冷たくてうまい。
まさかこんな近いところに
おいしい水汲み場があるなんて
知らんかったなー。

管理費が¥100だそうです。
だけどまあ、これだけおいしい水が
汲めるのですから、文句言わずに
皆さんもお金払って飲みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/09

大隅夏季合宿?

学校の友達と大隅へ夏季合宿してきました。
行き先は、内之浦。

galtushuku01

この日、昼間はほんとに、よか天気。

niceview

コテージから見た内之浦湾。
遠くに都井岬らしき岬も見える。

uminite

2日目、朝お風呂に入った後、砂浜へ。
夕方だったら

太陽にほえろ!

的な写真だったのだけど
ここは、東の方角なので
夕日はおがめそうになかったなぁ。
それにしても、こういう所にくると
なぜか、はしゃいだり泳ぎたくなるのだろう?

rokeltutokichi

内之浦のロケット基地。
サンダーバード基地みたい。
ロケットの実物をはじめて見たが
あんなでかい物が、宇宙にまで
飛ぶなんて改めてすごいことだと思った。


それにしても、鹿児島はなんていい所なのだろう・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今は昔・・・

jyanngurupark

ジャングルパークの跡。
なんだか痛々しい。
ここにはよく行ったもんだけど。

seikanoato

セイカスポーツセンターの跡。
きれいさっぱり更地になっていた。
昔ここのスイミングスクールにちょっとだけ
通ったことあるので
こうなっちゃったのが不思議な感じ。


これらの跡地はどうなるんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(番外編) みその食堂のマグロラーメン

maguroramenn

神村学園前にある
みその食堂のマグロラーメン。
あっさり、さっぱりしていて
おいしいこと◎

串木野でマグロラーメンを食べるのは
今回で3回目。
いまのところここが一番おいしい。
また他のところへ行って食べてみようと思った。
串木野でマグロラーメンを扱っているのは
全部で9店舗あるらしいのだが
場所がいまいちわからなかったので
駅をのぞくが何も案内がない。
今回その代わりに、駅前の派出所で聞いたら
お巡りさんからラーメンマップをもらった。

おー。偉いぞ、警察。その対応ぶり

笑点なら、円楽さんが山田君を呼んで

ざぶとん一枚

という感じだ。

ちなみに友達がおすすめの店は?
と聞いていたが笑って答えてくれなかった。

ここら辺の対応も、さすが警察の模範的な
対応と言うべきだろう。

misonoshokudou

店の外観はこんな感じ。
中もきれいで好感度高し。
おすすめです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北薩だいたい1周 (3) 曽木の滝アゲイン

間が空いてしまいました。
この間いろいろありまして・・・
すいません。

soginotaki_050801

相変わらず勇壮な曽木の滝。
これぞ、東洋のナイアガラ・・・とは
誰が名づけたのでしょう?

サブネーミングは、ちょっと安直だけど
このスケールに免じて許す!

iseki

曽木発電所跡。
補強工事をしてました。
10月から4月の間は湖に沈むのに
それを補強するために工事とは
意味がわからない。

国土交通省どの!

これって

税金の無駄遣い

じゃないんですか?


ちょっと引っかかる気持ちを残し
えびの高原の市営露天風呂へ。

ところがあいにく
前日からの雨で水温が下がり
入浴不可能・・・

そのかわり、管理人さんに許可をもらい
風呂をのぞくと、なんと野趣あふれるお風呂。
話では夕方よりは昼の時間帯のほうが
お湯もちょうどいい感じだとか。

ちなみにここの湯船の中は撮影禁止です。

ここは、よさそうなので訪れるのは
次への課題かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/03

北薩だいたい1周 (2) 阿久根大島編

串木野でマグロラーメン食べた後、阿久根へGO!
1時間後、阿久根新港へ到着。
往復¥600払って島をぶらぶらすることにした。

この日、海水浴するつもりだったが
朝の天気がいまいちだったので
水着を持って行かなかったのだけど。

ところが到着すると天気は回復・・・
しまった・・・なんてことだ。
だけどまた来ればいいだけの話ですね。
海は逃げるわけでもないし。
で、正直あんまり期待もしてなかったのだけど
行ってみたら、設備は整っているわ、海はきれいだわ
すごく良いところ。

simanite

港でポーズを取るチンピラ?

nagisa

日本の快水浴場88選に選ばれている砂浜

meishou

日本名松100選に選ばれている松林

kanntyoudoki

ちょうど、潮が引いた時間だったので海岸を散策
付近には多数の釣り人あり
県内でも有数の釣り場でもあるそうだ。

bye_bye

また行こう! 今度はここでキャンプだな。

bye bye !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/02

北薩だいたい1周 (1)

広島から友達があそびにきた。
ここに来る前、屋久島に行き
宮之浦岳・縄文杉などを見てきたそうだ。

うーん。
そんな話を聞いていたら、自分まで
また屋久島に行きたくなってきたじゃないか!

で、せっかく鹿児島によってもらったことだし
ちょっと県内を回ってみましょうか。
と考えて春先行った北薩方面を再び車で回ることに・・・

最初に寄ったところは「薩摩金山蔵」、もと「串木野ゴールドパーク」。
今はどうか知らないが、鹿児島はむかし金の採掘日本一だったそうだ。
以前ここはまだ「串木野ゴールドパーク」の時に1度来たことがあったが
今では濱田酒造の酒蔵兼焼酎テーマパークに変身している。

toroltuko


以前ここに来たときデジカメ忘れてここのトロッコを撮影できず
残念だったので今回はそのリベンジという意味もあった。
中はまるでインディージョーンズの世界。
蔵までの道のりは片道700m。
途中鹿児島弁のアナウンスでここの紹介があるのには笑った。

sakagura

映画と違うのは、穴倉の終点が酒の貯蔵庫になっている点か?
地下で眠る焼酎をキープできる、案内もあったけど・・・

その他

torii

地下で祭られている島津義弘公の神社

kannnonnsama

地下で輝く金色の観音様・・・

なんか、変な宗教団体をほうふつとさせる品々。

かつては金を掘り出したところ

いまや金を投げ入れさせるしかけ

これでもかと言うくらい作ってあるなんて、何とも皮肉なハナシ。

ここを出ると、併設してお風呂(¥500)もあったけど
今回はパス。

donnkobiltu

カエルさん。またね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »