« とんこつ作りのコツについて | トップページ | 長島美術館 »

2005/09/14

iPod nano の驚異

nano


先日、iPod nanoが発売されました。
てっきりiPod mini のカラー液晶搭載版と
思っていたら、フラッシュメモリタイプだそうで・・・

(゜o゜)

私の中ではかなりの衝撃です。
今までのメモリータイププレーヤー
が一気に旧式になってしまいました。

HDドライブタイプもあと何年かすると
フラッシュメモリタイプの
数十ギガクラスの容量タイプに
変わっていくのでしょうか。

ソニーが新型を11月に発売する(HDタイプ)
の発表がありましたが
一気にかすんでしまった感じがぬぐえません。
ひとつソニーにもがんばってもらいたいです。

もともと私はソニーのMDユーザーでした。
(今も使っていますけど)
MDLPが出てこれでしばらくは
MDの天下かと思っていたのに
あっという間に今のようになってしまいました。

ソニーさんのデザインとかは好きなんですけど
実用性云々で言うと、ちょっと華奢すぎ・・・
あと、デザイン優先に走りすぎて
使い勝手が最悪です。
sonic stageはバージョンアップするごとに
首をかしげたくなる位、デザインや
使い勝手が悪くなってしまいました。
ハードの問題もありますが
まずは、曲を管理するソフトのできを
もっと良くしてもらいたいです。

iPod が、今日に至るのも
実はiTunesの出来がよかったからではないかと
個人的に思っています。
・基本的デザインがころころ変わらない。
・曲管理が楽
こんなとこですかね。

もっともiPodにも注文はあります。
・連続再生時間がソニーの約半分
・バッテリー交換が個人では不可能
・バッテリー交換にかかる費用が高すぎ
(バッテリー関係ではソニーの方が優秀)

アップルもソニーも
もっとがんばれ!

|

« とんこつ作りのコツについて | トップページ | 長島美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55162/5938197

この記事へのトラックバック一覧です: iPod nano の驚異:

« とんこつ作りのコツについて | トップページ | 長島美術館 »