« バイクのりの為の防寒対策06 | トップページ | 冬眠から目覚めました »

2006/01/21

カーナビのボケ!

もう5年くらいカーナビとお付き合いしてます。
付けた当初は、世の中便利になったものだと
感心しまくったものです。
カーナビといえば、出始めの頃先輩の車に乗せてもらい
友人の家に行く機会がありました。
私たちは、友人の家が分からなかったので
電話で住所を聞いて、打ち込みしてスタート
しようとしたその時です。

先輩:なあ、おまえ住所ちゃんと聞いた?
私:ええ、聞いた住所間違いないですよ。
先輩:そうか。でも、こんなの絶対ありえないんだけど。
私:?

ナビを指差す先輩。
なんと、友達の住所が

橋の下(上)

になってました。

先輩:あいつ。乞食か?

以上10年以上前の出来事です。

そういえば、私のやつもそろそろ…イカレテきたか?
と思うときもあります。
例えば、先日は道路のない山の中を

モトクロッサーのように縦横無尽に走り、

海の上を

ボンドカーのように走り、

急に夢から覚めたみたいに正確な現在地へとワープしてくれます。
それでも、普通は何の問題もないのでもうちょっと頑張ってくれ!
というのが私のホンネです。

その他にもいろいろアクシデントはあるもので…
ナビだから間違いないと思っていると
ときどきとんでもないルートを教えてくれて
エライ目にあったことがあります。
仕事が立て込んでて休みが取れず、それでも
無理矢理休みを作り、天草に出かけたときのこと。
ゆっくり海岸端を走っていて、突然の電話。
急用ができたのですぐ帰って来いとの知らせ。
さて。一番近いルートはどう行くのかね。ナビ君?

しばらくして
目的地への最短ルートです。との答えあり。
ナビの誘導が始まりました。
最初はよかったのですが、次第に幹線道路を外れ
どんどん山の中へと誘導が続きます。

ん?

いつの間にかアスファルトは途切れ、
道はダートに変わってました。

間違えたかな?
とも思いましたが、ナビは直進してくれ。
と指示してます。
そして結局、ゲートのある

林道入り口

にたどり着き、THE END。
後からわかったことですが
幹線道路をそのまま走っていたときに比べて
1時間半遠回りしてたみたいでした。

あの時と比べてさぞかし今の最新のナビは、
頭がよくなっているのでしょうね。

でも最近思うんですけど
ナビ使い始めてから、方向音痴がひどくなりました。

便利なものも手放しでは誉められないな~。

|

« バイクのりの為の防寒対策06 | トップページ | 冬眠から目覚めました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55162/8254681

この記事へのトラックバック一覧です: カーナビのボケ!:

« バイクのりの為の防寒対策06 | トップページ | 冬眠から目覚めました »